ブブカ 5αリダクターゼ

MENU

5α-リダクターゼとAGAの関係について

 

BUBKA育毛剤は5αリダクターゼを除去する効果を併せ持った育毛剤ですが、ここでは5αリダクターゼとAGA(男性型脱毛症)の関係について述べたいと思います。

 

男性ホルモンが薄毛の原因だということは昔から言われていますが、男性ホルモンの多い、いわゆる髭の濃い人が全て薄毛になるかというと、そんなことはありません。
では、なぜ薄毛になる人とならない人がいるのでしょうか?

 

ジヒドロテストテロン(DHT)が分かれ道

DHT

AGA(男性型脱毛症)の原因の1つが男性ホルモンのジヒドロテストテロン(DHT)です。

このDHTは、テストステロン(男性ホルモン)から皮脂腺や毛根にある毛母細胞の5αリダクターゼという酵素の働きによって生成されます。
そのDHTは毛乳頭や毛母細胞の活動を低下させ、毛根のタンパク質合成を阻害し萎縮させます。
さらに皮脂を過剰に分泌させるために、髪の生成を妨げるのです。

 

テストステロンに関しては、分泌量に個人差はほとんどないのですが、ジヒドロテストステロン生成の要因となっている5αリダクターゼの分泌量は人によって違いがあるため、薄毛になる人とならない人の分かれ道はココではないかと思われます。

 

薄毛は遺伝するというようなことがいわれますが、5αリダクターゼの分泌量の多さからDHTが生成されやすい体質が遺伝するということです。

 

1型と2型

5αリダクターゼには1型と2型の2種類あります。
ネット上では色々な情報がありますが、ここでは管理人がある育毛剤の担当者から聞いた話しをお伝えします。
どちらの型も毛根の皮脂腺に多く存在すると言われています。

 

そのうちの1型は頭の側頭部や後頭部、顎などの部分にあり、太く成長させる働きがあるそうです。
髭が濃くなったり、側頭部や後頭部の毛が薄くならないのは、このためですね。

 

続いて2型5αリダクターゼですが、こちらが薄毛に大きく関与している酵素です。
特に生え際の毛根の皮脂腺に多く存在し、頭頂部にも存在するもので、ジヒドロテストステロン生成の要因になっています。
ですので、2型5αリダクターゼを抑える事が望ましいことが分かります。

 

現在、この2型5αリダクターゼだけを抑えるものはありませんが、1型と2型の5αリダクターゼともに抑える育毛剤やサプリメントが多く販売されています。

 

薄毛になりやすい体質が遺伝として受け継がれるわけですが、それに対する予防を講じれば、必ずしも薄毛になるとは限りません。

 

例えば、親や兄弟に誰も髪が薄くなった人がいないのに、薄くなってしまう人もいます。
昔は父が薄毛の場合、50%の割合であなたも薄毛になると言われていました。
しかし、遺伝の影響は少なく、わずか20%程度なのだそうです。

 

不規則な食生活やストレス、頭皮が硬いための血行不良が薄毛に大きく関係してるといえるでしょう。
これらのことに気をつけながら、ジヒドロテストステロンに変換させないブブカのような育毛剤を付けることが望ましいと思います。

 

薄毛は遺伝と諦めてはいけません。

 

ブブカ公式サイト

 

5αリダクターゼに有効な成分

オウゴンエキス
ジヒドロテストステロンを作る5αリダクターゼを抑制する効果があります。
髪の成長期を伸ばすことで、ヘアサイクルの乱れを正常にします。
BUBKA(ブブカ)育毛剤にも配合されています。

 

ヒオウギエキス
女性ホルモン作用を持ち、テストステロンからDHTへの結合に対抗します。

 

もちろん、話題のプロペシアやフィンペシアに配合されているフィナステリドが今最も効果のある成分ですが、管理人は副作用が怖くて飲もうとは思っていません。

 

5αリダクターゼとAGAの関係関連ページ

髪のヘアサイクルと抜け毛の関係
髪のヘアサイクルと抜け毛の関係について解説します。ヘアサイクルは成長期、退行期、休止期の3つの段階に分類されます。このヘアサイクルの中の成長期の期間が短くなることで、薄毛になります。
夏から秋にかけては抜け毛が増える時期
夏から秋にかけては抜け毛が増える時期です。9月10月ぐらいに育毛剤がよく売れるようになる理由は、抜け毛が急に増えるからです。今までと何か違うという時は、はやめに対処しなければなりません。