抜け毛 時期

MENU

夏から秋にかけては抜け毛が増える時期

 

抜け毛

毎年、夏の終わりから秋にかけては、抜け毛が増える時期ですが、今年は厚さが影響したのか7月の終わりぐらいから抜け毛が増えた、薄くなったという方が多いのではないでしょうか。

 

私もBUBKA(ブブカ)育毛剤を続けていますが、この時期、少し髪が減ったような気がします。ある意味、これは予想の範囲でしたが、いつもより、時期が早いような気がします。私の回りも急に髪が少なくなったという人が結構いるのです。

 

元々、梅雨が終わって夏の間は抜け毛が少ないと時期になります。ヘアサイクルの関係で、抜け毛が増える時期もあります。春先と秋になる前です。

 

9月10月に育毛剤がよく売れるようになる理由は、抜け毛が急に増えるからでしょう。おそらく、それまでは抜け毛は少なかったと思います。

 

抜け毛の多い時期に育毛剤を購入する方の心得

育毛剤種類

抜け毛の本数は多い時期があれば少ない時期もあります。急に抜け毛が増えたら、正直あせってしまうことでしょう。

 

時期的なことで、すぐに抜け毛が少なくなる場合も多いのですが、今までと何か違うという時は、はやめに対処しなければなりません。

 

紫外線や冷房、暑さによる寝不足やストレス、それにAGA。抜ける原因が重なっていたりします。そういう時期に始めた場合、どんな育毛剤でも効果がでにくい、または抜け毛が減らないということもよくあることです。

 

育毛剤やシャンプーなどで育毛にプラスに働いても、マイナス要因が多ければ、全く効果は現れないものです
逆に抜け毛が増えた、効果なしという評価をくだす人もいますが、もう少しじっくり様子をみてはいかがでしょうか。

 

最近の夏の異常なほど高温で湿度も多く、体にかなりの負担がかかっています。紫外線による日焼けや過剰な皮脂分泌によって、頭皮環境も劣悪な状態になっていることも考えられます。

 

こういう時はスカルプケアが、やはり大切です。シャンプーだけでなく、頭皮専用のスカルプパックなどで、頭皮環境を良くしながら、BUBKA育毛剤を付けるようにしなけば、効果がでにくい時期でもあるのです。

 

猛暑と異常気象も髪に良くない?

頭皮の毛穴から分泌される皮脂も多くなっています。5αリダクターゼは皮脂腺からも分泌されています。
※5αリダクターゼはテストステロンを悪玉の男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)に変換させる還元酵素です。
そのため、夏は育毛効果が最も現れにくい時期なのです。効果がでにくいからといって、育毛をサボると薄毛の予防、改善もできなくなり、ますます進行する可能性もでてきます。

 

このような時期は、育毛剤だけではなく、頭皮ケアも大切になりますので、しっかりケアしましょう。


 

夏から秋にかけては抜け毛が増える時期関連ページ

髪のヘアサイクルと抜け毛の関係
髪のヘアサイクルと抜け毛の関係について解説します。ヘアサイクルは成長期、退行期、休止期の3つの段階に分類されます。このヘアサイクルの中の成長期の期間が短くなることで、薄毛になります。
5αリダクターゼとAGAの関係
BUBKA育毛剤の効果は口コミでも高評価。5αリダクターゼを抑制して、薄毛、抜け毛に効果を発するブブカを実際に6ヶ月以上体験してみました。ここでは5αリダクターゼとAGA(男性型脱毛症)の関係について書いています。