ミノキシジル 効能

MENU

ミノキシジルの効能・効果について

ミノキの効能・効果

 

ブブカ育毛剤はミノキシジルと同等の効果があるということですが、そもそもミノキシジルの育毛効能・効果とはどういったものなのでしょうか。

 

ミノキシジルの効能・効果とは

一般的には血管拡張剤として開発された成分で血流が良くなることで、発毛効果があると言われています。

 

ミノキシジルというと海外ではRogaine(ロゲイン)が有名で早くから発売されていました。日本では第一類医薬品として大正製薬からリアップが発売されました。
当初はミノキシジルの含有量は1%だったのですが、今現在5%含有のリアップX5が発売されています。

 

リアップX5

 

ある育毛研究機関の方に聞いた話では、血流がよくなり、結果的に毛乳頭細胞が活性化したことが直接的な原因ではないかということのようです。しかし、このミノキシジルには、頭皮の痒みや体毛が濃くなる、めまい、動悸、低血圧などの副作用が多く報告されているため、使用するのは注意が必要です。

 

ミノキシジルは元々は高血圧症の治療薬ですので、血管を拡張させ血圧を下げる効果があります。そのために血圧がかなり下がったり、朝起きられなくなったりといった症状も見受けられます。
高血圧や低血圧で治療中の方、、また心臓に障害がある方は使ってはいけません。

 

男性型脱毛・薄毛のタイプ・パターン

さて、男性型脱毛には生え際のM字(隅部)が徐々にM字形に後退していく「M型脱毛」、頭頂部からO字形に髪が細くなっていく「O型脱毛」、この両方が組み合わさった「MO型脱毛(混合型)」の3つのパターンがあります。

 

O型脱毛はヘアサイクルの成長期が阻害され、M型脱毛は休止期から次の毛が生えていく成長期に移行しなくなります。
このため育毛剤の主成分によって、O型脱毛に効果がある商品と、M型脱毛に効果がある商品に分かれます。

 

では、ミノキシジルを配合した商品は、どちらのタイプに効くかといえば、O型のほうです。血行を良くして、今ある毛髪の発毛の促進をすることで、成長期を伸ばしてくれるのです。しかし、次の段階へ進みたい退行期から休止期へ、そして前期(初期)成長期へと促すことは難しく、M型にはあまり効果がありません。

 

なお、ペンタデカン酸グリセリドという成分を聞いたことはないでしょうか?
これを含有する育毛剤はM型に効果が高いと言われています。しかし、O型には効果があまりないようです。
ただ、ライオンから発売された毛髪力でも、それほどの効果はなかったとされています。

 

最近はミノキシジルの3倍の効能があると注目されているのが、キャピキシルです。まだあまり知られていませんが、成長遺伝子グロースファクターを注入するということで育毛剤も発売されています。今の段階では、ザ・スカルプ5.0cとDeeper3Dがキャピキシル含有の育毛剤です。

 

それはさておき、M-034を主成分とする育毛剤ブブカの育毛実験では、ミノキシジルと同等の育毛パワーが得られましたとされています。
さらに、副作用の心配は全くないというのは安心ですね。

 

ブブカ育毛剤の効果と口コミ!実際に検証中!TOPに戻る